おすすめMVNOを比較

HOME | サイトマップ

MVNOとは

MVNOはご存じの方が多いと思いますが自社で携帯回線を持たず、ドコモやソフトバンクやAUから回線を借りて商売をしている業者のことですね。なのでドコモ回線系、AU系、ソフトバンク系と3つの系列があります。そしてそれぞれで使える端末なども異なってくるのでこの点も注意したいところです。

例えばいまドコモでスマホを契約している人はMNPでソフトバンク系のMVNOに移る事はできない(端末がSIMロックされてて使えない)、というような事があります。

さっそくMVNOを比較します

当サイトではMVNOとして次の14社を取り上げています。今後この業界に参入してくる事業者は増えていくと予想されますので出来る限り最新性を保つよう更新していきたいと思っています。

■ドコモ回線を借りてる事業者
IIJmio、NifMo、BIGLOBE、DMM、ハイホー、u-mobile、楽天モバイル、OCNモバイルONE、イオン(b-mobile)、BB excite、BIC SIM

■AU回線を借りてる事業者
mineo、uq-mobile

■ソフトバンク回線を使ってる事業者
Y!mobile

それぞれ比較するとわかりますが現時点ではドコモ系が圧倒的に多数です。現在ドコモで契約進行中の方はMVNOの音声通話SIMを考えた時に多くのMVNOから比較して検討ができます。

現在AUやソフトバンクを使ってる方は改めてSIMフリー端末を購入の上、MVNOの音声通話SIMを契約するようになってしまうでしょう。(この話は2015.5のSIMロック外れてからどうなるかはその時の情報を整理しなくてはいけませんが)

MVNOの音声通話SIMプランを比較!自分におすすめなのは?

(1)インターネットで動画閲覧、ゲームなどデータ通信量が多めの方むけ

→データ量3GB以上のプランで選ぶとよいでしょう

  • ・NifMo 5GB \2,300 / 10GB  \3,500
  • ・IIJmio 5GB  \2,220 / 10GB  \3,260
  • ・BIGLOBE 6GB \2,405 / 8GB \3,738 / 10GB \4,690
  • ・DMM 5GB \1,970  / 7GB \2,740 / 8GB \2,840 / 10GB \2,950
  • ・Y!mobile 7GB \5,980
  • ・mineo 5GB \2,190
  • ・u-mobile 5GB \1,980
  • ・楽天モバイル 5GB \2,150 /  10GB \2,960
  • ・OCNモバイル 5GB \2,150 /  15GB \2,500
  • ・BIC SIM 5GB \2,220  / 10GB \3,260

(2)動画閲覧はしない。簡単なインターネットとメール、LINE程度の方むけ

→データ量3GB以下のプランで選ぶとよいでしょう

  • ・NifMo 3GB \1,600
  • ・IIJmio 3GB \1,600
  • ・BIGLOBE 1GB \1,600  3GB \1,800
  • ・DMM 1GB \1,260 2GB \1,470  3GB \1,550
  • ・Y!mobile 1GB \2,980  3GB \3,980
  • ・mineo 500MB \1,310  1GB \1,460
  • ・u-mobile 3GB \1,580
  • ・楽天モバイル 3.1GB \1,600
  • ・OCNモバイルONE 110MB/日 \1,600  170MB/日 \2,080
  • ・uq mobile 2GB \1,680
  • ・イオン 3GB \1,980
  • ・BIC SIM 3GB \1,600

他にMVNOで音声通話SIMを比較するポイントは?

上ではデータ量と料金についてのみ比較していますが、それだけでは決めるのは難しい方も居ると思います。

●通話料に注目してMVNOを比較

音声通話をよく使う人におすすめなのが、BIGLOBE、Y!mobile、u-mobileの3社です。BIGLOBEとu-mobileは独自アプリで通話料が半額になるからです。Y!mobileは月額料金が他と比較して高いけど無料通話が可能になるからです。

●通信速度に注目して比較

インターネットの通信速度は気になる方も多いはずです。現状ですがNifMoとDMMとIIJが比較的早めという口コミをよく見かけます。ユーザーが多くなると遅くなる傾向にあるので、あまり参考にならないかもしれませんがこの3社で契約しておけば他よりは速い事が期待できます。

なぜ同じドコモ系回線を利用しているのにデータ速度で違いが出るのか疑問に思う方もいるかもしれません。各MVNOではドコモと契約して回線を借りてるわけですけど、そのときの契約で帯域を絞ったりしてるから、という背景があるようです。

AU系やソフトバンク系は速いのではないか、という疑問
その通りです。AU系やソフトバンク系のY!mobileはほかよりもユーザーが少ないので現時点では通信速度が早めな傾向にあるようです。

●家電量販店で販売しているSIMはどうか

当サイトではネットで契約できるMVNOを取り上げていますが、ヤマダデンキ、BICカメラ、ヨドバシ、コジマ、ケーズデンキなどに行ってみると格安SIMを販売していることに気づくはずです。何か違いがあるのかと思うと思いますが、何も違いません。どこで契約してもだいたい同じです。だいたいと言ったのはタイミングによってはキャンペーンを実施しているからです。ネット契約のほでも店舗のほうでも、今ならキャッシュバックとかやってますよね。とはいっても元々格安なSIMなのでそんなに期待できないです。よくて商品券3000円分ぐらいですし。